« いつかグループの宝物になる『Juice=Juiceノート』 | Main | SWEET 19 BLUE »

2013.08.03

これからBerryz工房のファンになる人がとりあえず聞いておくべき5曲 #5Berryz

Juice00031

 
Berryz工房は、来年の2014年3月3日に、デビュー10周年を迎える。

今更だけどBerryz工房に興味が出てきた、という人が少なからずいるはずだ。曲を聞いてみたくなり、YouTubeで探し始めるだろう。しかし、これまで彼女たちが歌ってきた楽曲は、全部で130曲ほどあるので、どの曲を聞いたらよいのか迷ってしまうかもしれない。

そんな、これからBerryz工房のファンになろうとする人たちが、楽曲の迷路に迷わないために、まず最初に聞くべき5曲を紹介する。この5曲は、自分のお気に入り5曲とほぼ同義。主観と独断と偏見を持って、自信を持ってオススメしたい。ちなみに、全部で130曲という数字は、ちゃんと数えたわけではない。

それと、「今更だけど…」という思いはまったく持たなくていい。ファンになるということに、遅いも早いもない。
 

あなたなしでは生きてゆけない

Berryz工房「あなたなしでは生きてゆけない」(MV) - YouTube

 
2004年3月3日発売の1stシングル。Berryz工房はここから始まった。今でも何の違和感もなく歌える。もしかしたら、10年後を見据えて作られた曲なのかもしれない。
 

ファイティングポーズはダテじゃない!

Berryz工房「ファイティングポーズはダテじゃない!」 (MV) - YouTube

 
2004年4月28日発売の2ndシングル。自分が、文句なしにぶっちぎりでダントツで圧倒的に群を抜いて一番好きな曲。このおもちゃ箱をひっくり返したようなキラキラ感は、BerryzPOPSの真骨頂だ。
 

ピリリと行こう

Berrz工房「ピリリと行こう!」(MV) - YouTube

 
2004年5月26日発売の3rdシングル。1st、2nd、3rdとデビューから3ヶ月連続でリリースされた。この3部作は絶対に外せないし、この3曲でBerryz工房のファンになるには十分だ。くまいちょーが超ウルトラスーパー美少女。
 

VERY BEAUTY

Berryz工房「VERY BEAUTY」(MV) - YouTube

 
2007年3月7日発売の13thシングル。癒される。癒された。2番Aメロのくまいちょーを20000万回リピートしてほしい。
 

ライバル

Berryz工房「ライバル」(MV) - YouTube

 
2009年6月3日発売の20thシングル。曲、メロディ、歌詞、音、MV、ライブ、夏焼雅、すべてが完璧。未来永劫、歌い継がれたい。


今こうやって聞き返して、思い出に浸っている自分がいる。この5曲を入口にして、Berryz工房を全体から好きになってもらい、そこから自分のお気に入りの曲を見つけてもらえれば嬉しい。Berryz工房の楽曲は、カップリング曲、アルバム曲に名曲が宝のようにある。むしろ、そちらが好きと言う人の方が多いくらいだ。実は自分も、純粋にお気に入りの5曲を選ぶとすると、この5曲と完全に一致はしないのだ。ひっぱりだこLOVE。

今回、熊井ちゃんの20歳の誕生日祝いに、単純に自分のお気に入りBerryz工房5曲をツイートしようとしたのが最初だった。でも、やっぱり3部作は外せないんだよ!とかつい熱くなり、少しテーマを変えてブログに書くことにした。タイトルに、#5Berryzというタグを付けてあるのは、そのためだ。ジリリもなんちゅうも入れたかった。あとパッションは#5Berryzに入るだろうな。後でツイートしよう。

#5Berryzというタグと共に、自分のお気に入りのBerryz工房5曲を書いたツイートが、じわじわ増えていくことを密かに期待している。つか、5曲とかなかなか選びきれないねんて。ベリヲタでよかった。

|

« いつかグループの宝物になる『Juice=Juiceノート』 | Main | SWEET 19 BLUE »

Berryz工房」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference これからBerryz工房のファンになる人がとりあえず聞いておくべき5曲 #5Berryz:

« いつかグループの宝物になる『Juice=Juiceノート』 | Main | SWEET 19 BLUE »